diskunion池袋クラシック館blog

YOUTUBE CLASSIC CHANNEL....

11/10(土)池袋クラシック館新譜入荷情報 姫野 徹 / OBOE MY SOUL オーボエ マイ ソウル



姫野 徹 / OBOE MY SOUL オーボエ マイ ソウル
ミクタムレコード / 25MCD1130 / 2,500円(税込)


【演奏】
姫野徹(ob)/増田理恵(pf)
【録音】
2012年8月16&17日、千葉市美浜文化ホール・音楽ホール(セッション録音)


■演奏者プロフィール
姫野 徹(Tohru Himeno) オーボエ Oboe
1963年生まれ。千葉県出身。
国立音楽大学卒業。1991年渡欧。1994年よりニュー・フリハーモニー・オーケストラ千葉にて
首席奏者を務める一方室内楽、ソリストまた海外オーケストラの来日公演において首席ソロ奏者
としてなどの活躍もめざましい。来日中だった元ベルリン・フィルの首席オーボエ奏者、ローター・
コッホ氏から「ドイツの響きを継承する美しい音」と称されるほどその音色はやさしく、詩的な音楽
は人々を魅了してやまない。クリスチャン音楽家の集まりであるユーオーディアメンバー。
その他CDの収録やTV出演も数多い。オーボエを似鳥健彦、丸山盛三、インゴ・ゴリツキの諸氏に
師事。ユーオーディア・アカデミー講師として後進の指導にもあたっている。

増田 理恵(Rie Masuda) ピアノ Piano
国立音楽大学大学院修了。山本祐子、長峰和子、池澤幹男、高野耀子の諸氏に師事。
スイス、シオンにてF.W.シュヌア-教授のマスターコース修了。
ダン・タイ・ソン、レモ・レモリ、ワディム・サハロフの各氏にもソロ、室内楽を学ぶ。
在京の数々のオーケストラとピアノ協奏曲を協演。室内楽ピアニストとしても多くの優れた音楽家と
共演を重ね、特に1999年からの「ブラームスの室内楽シリーズ」は音楽誌上でも高く評価される。
ユーオーディアメンバーとして、各地のチャペルコンサートなどでも活躍。尚美学園講師を経て、
1998年から聖徳大学講師として後進の指導にもあたっている。


■コメント:オーボエの姫野徹(ひめの とおる)はニュー・フィルハーモニー・オーケストラ千葉の
首席奏者を務める一方、室内楽、ソリストとしての活躍もめざましい。クリスチャン・オーケストラ、
“ユーオーディア”の首席オーボエとしても活躍中。
“OBOE MY SOUL”(オーボエ マイソウル)はそんな姫野徹、待望のファースト・ソロ・アルバム。
元ベルリン・フィルのローター・コッホ氏から「ドイツの響きを継承する美しい音」と称された音色で、
やさしく、詩的な音楽がしずかに心に沁みてくる。
バッハのカンタータからのアリアやコラールをはじめオーボエの主要レパートリーとして名高い
バロック期のテレマンやロマン派のシューマンなどのクラシック名曲はもとより、姫野徹のまさに
魂の歌としての後半の「アメイジング・グレイス」を代表とする讃美歌曲への連なりは、バッハが
その譜面にいつも「S.D.G.」(Soli Deo Gloria!神にのみ栄光あれ!)と記しその音楽を神に捧げた
という逸話を想起させる。・・・・やさしい音色を紡ぐオーボエが神の栄光をうたう。

diskunion池袋クラシック館


〒170-0013
豊島区東池袋1-1-2 高村ビル4F
TEL:03-5956-4550
e-mail dib@diskunion.co.jp

営業時間:11:00~21:00
(日・祝20:00)

※JR池袋駅東口から徒歩1分
⇒地下35番出口を出てすぐ左手!!!


▲クリックすると拡大します

検索

店頭在庫検索


ブログ内ワード検索

LINK


diskunion







ESOTERIC SACD



クラシック専門館blog


新宿クラシック館blog


お茶の水クラシック館blog


吉祥寺クラシック館blog



池袋クラシック館への道順



Copyright ©  -- diskunion池袋クラシック館blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /