diskunion池袋クラシック館blog

YOUTUBE CLASSIC CHANNEL....

速報!ESOTERIC-SACD新譜 入荷しております!

速報!ESOTERIC-SACD新譜・2015年3月10日リリース!

完全限定生産・ディスクユニオン等、特約店のみで販売します。
確実にご購入頂くために、お早目のご予約をおすすめ致します。


各タイトル  3,394円(税込)


ブーレーズがDGに再録音した怜悧な名演、ストラヴィンスキーの「春の祭典」&「火の鳥」と、
アンセルメ&スイス・ロマンドによる「シェエラザード」ほかロシア名曲集

●ブーレーズ/ストラヴィンスキー:「春の祭典」&「火の鳥」全曲版 (ESSG-90118)

フランスを代表する作曲家・指揮者・音楽学者で、クラシック音楽界の巨人ともいうべ き、ピエール・ブーレーズ(1925.3.25 フランス、モンブリゾン生まれ)。今年90歳を迎え、彼が作曲家として生み出してきた作品や指揮者として残してきた録音に改めて大きな注目が集まっていま す。 

 作曲家だったブーレーズが本格的に指揮を始めたのは1958 年、ドイツのバーデン・バーデンでのこと。その後のヨーロッパでの活躍ぶりを知った巨匠ジョージ・セルの招きで、1965年にクリーヴランド管弦楽団を指 揮してアメリカ・デビューを果たしています。1967年~72年にかけては同団の首席客演指揮者およびミュージック・アドヴァイザーをつとめ、病弱なセル の補佐役を果たしつつ、セル亡き後はこのオーケストラを支え、次の音楽監督となったロリン・マゼールへと橋渡しをしました。1971年にはBBC交響楽団 の首席指揮者、バーンスタインの後任としてニューヨーク・フィルの音楽監督に同時に就任し、名実ともに20世紀を代表する指揮者としての地位を築き上げま した。1977年にはパリのIRCAMを設立、所長に就任し、そのアンサンブルであったアンサンブル・アンテルコンタンポランとの活動が始まります。

 IRCAM 所長としての活動を優先させるため通常のオーケストラとの指揮活動を減らすようになったブーレーズが、再び指揮にも力を入れ始めるのはIRCAMの所長を 辞した1991年以降のこと。これと軌を一つにするのがドイツ・グラモフォンとの専属契約でした。この契約によって、マーラー、ドビュッシー、ラヴェル、 ストラヴィンスキー、バルトークなど、指揮者としてのブーレーズのレパートリーの大半が、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽 団、シカゴ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団などの欧米のメジャー・オーケストラとともに最新のデジタル・テクノロジーで収録されることになり、円熟味を 加えた指揮者ブーレーズの復活を世界的に印象付けることになりました。

 その第1弾となったの が、当アルバムに収録された1991年録音のクリーヴランド管弦楽団とのストラヴィンスキー「春の祭典」であり、その翌年にシカゴ交響楽団と収録されたの が「火の鳥」です。この2 つの演奏のカップリングが、今回のSuper Audio CDハイブリッド化で初めて(*) 実現します。
(*2015年2月現在)




●アンセルメ/リムスキー=コルサコフ:「シェエラザード」ほか(ESSD-90119)

スイスの名指揮者エルネスト・アンセルメ (1883.11.11-1969.2.20)は、ディアギレフ率いるロシア・バレエ団の指揮者として、ストラヴィンスキー「兵士の物語」「うぐいす」 「プルチネルラ」、ファリャ「三角帽子」、プロコフィエフ「道化師」、サティ「パラード」などの20世紀前半の重要作を次々初演し、また何よりもスイス・ ロマンド管弦楽団の創設者(1919年)にして音楽監督としてこのオーケストラを世界的な存在に育て上げたことで知られています。
1946年から専属契約を結んだデッカ・レーベルへの膨大な録音を行ない、フランス音楽、ロシア音楽、20世紀音楽、そしてドイツ・オーストリア音楽まで を網羅。その中には、優れた録音技術(モノラル時代はffrr=full frequency range recording広帯域録音⇒ステレオ時代にはffss=full frequency stereo sound)と相俟って、LP時代に優秀録音として高い評価を得たものが数多くあります。

当アルバムは、当シリーズでも2008年にSACDハイブリッドとして発売し好 評をいただいた「三角帽子」と並び、数多いアンセルメの録音の中でも殊更評価が高く、アナログ時代を通じて「シェエラザード」の代表盤とされていた歴史的 名盤です。1960年の録音で、アンセルメにとって1952年(モノラル)と1954年9月(ステレオ)のパリ音楽院管弦楽団との2種類の録音以来の再録 音となったものです。ステレオ期のアンセルメ録音を一手に引き受けたプロデューサーのジェームズ・ウォーカーとデッカのステレオ録音の生みの親であるロ イ・ウォレスが組んだ名録音でもあります。

 また、「シェエラザー ド」は、アンセルメが指揮者として世界的な注目を浴びるきっかけとなったセルゲイ・ディアギレフ率いるロシア・バレエ団での活動とも所縁の深い演目であ り、アコースティック時代だった1916年にアメリカ・コロンビアのためにロシア・バレエ団のオーケストラとともに行なった録音でも第1楽章と第4楽章の 抜粋が含まれていました。これはアンセルメにとって生涯初めての録音となったもので、その意味でも「シェエラザード」はアンセルメにとって重要な作品であ り続けたといえるでしょう。
カップリングの「ダッタン人の踊り」はLP初出時から組み合わせられていたもので、そのほかのロシア音楽の名品は1964年に録音された「Russian Delights」という小品集に含まれていたものです。

アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団によるデッカへの録音は、基本的にオーケ ストラの本拠地であったジュネーヴのヴィクトリア・ホールで行われました。19世紀にジュネーヴ駐留のイギリス総領事によって建立されたこのホールは、演 奏会場として優れた音響を誇るのみならず、レコーディングの会場としても最適でした。録音技術に高い関心を持ち、録音セッションにおいてエンジニアに非常 に協力的だったアンセルメの録音は当初から高水準で知られており、アンセルメが1954年5月、ヴィクトリア・ホールで行なわれたデッカによる初めてのス テレオ録音のセッションに起用されたのも自然な成り行きでした。

 

そしてその時収録されたリムスキー=コルサコフの交響組曲「アンタール」以来、 この伝説のホールで幾多の名録音が生み出されることになりました。ウィーンのゾフィエンザール、ロンドンのキングスウェイホールなどとともに、細部の音に 至るまで明晰に収録しようとするデッカの録音ポリシーには理想的な会場で、そこでの録音は、オーケストレーションの綾や空間性を生々しく再現する骨太な デッカ・サウンドの代名詞ともなりました。



【ディスク仕様<共通>】
SACDハイブリッド・ディスク
DSDマスタリング
SACD層:2chステレオ(マルチチャンネルなし)
美麗デジパック仕様

diskunion大阪クラシック館3/3(金)リニューアルオープン!!




diskunion池袋クラシック館


〒170-0013
豊島区東池袋1-1-2 高村ビル4F
TEL:03-5956-4550
e-mail dib@diskunion.co.jp

営業時間:11:00~21:00
(日・祝20:00)

※JR池袋駅東口から徒歩1分
⇒地下35番出口を出てすぐ左手!!!


▲クリックすると拡大します

検索

店頭在庫検索


ブログ内ワード検索

LINK


diskunion







ESOTERIC SACD



クラシック専門館blog


新宿クラシック館blog


お茶の水クラシック館blog


吉祥寺クラシック館blog



池袋クラシック館への道順



Copyright ©  -- diskunion池袋クラシック館blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /